融資で断られた!日本政策金融公庫で断られる理由・原因は?

これは創業融資専門のホームページです。
創業でない(既存企業=半年以上たっておられる個人事業主および法人)の場合は、こちらのHPをご覧ください
➡全国対応融資サポートセンターのHPへ

~あまりにも多い、日本政策金融公庫からの融資を断られる事例~

わたしは、会計事務所および経営コンサル会社の中で長年、日本政策金融公庫の融資を中心に事業資金の資金調達支援の担当としてやっていました。
何年も事業をやっておられる方以外にも「脱サラして半年後に開業するんです」というような方が連日、開業の融資、日本政策金融公庫から借りるためのご相談に来られて、うち半分の方は、すでに融資を断わられてから来られるのですが、断られてしまった方々の原因・理由には共通項があることに気が付きました。

それは、創業の融資は「こっきん」(旧国民生活金融公庫=現日本政策金融公庫)あるいは、「信用保証協会」に行って「創業のための融資を受けたいので貸してください」と言えば簡単に借りれるものだと思い込んでいる人が非常に多いことです。

創業の融資を受けたい。現在まったくお金がないから借入れをしたい」なんてアプローチでも、親を保証人に付ければ簡単に借りれる、断られることはない、と思い込んでおられるのです。

「日本政策金融公庫」や「信用保証協会」をお金を簡単に借りれるボランティア団体と間違えているんのでは?という方が後を絶たなかったのです。

確かに、銀行へいきなり行って「長年口座があるんだから創業の融資をしてくれ」なんて言うよりは「日本政策金融公庫」や「信用保証協会」の方がずっと融資を受けやすいのは間違いない。でも「足らないから貸してほしい」なんてことで借りれるわけがない。
なんせこれらは「公的機関」というだけあってほとんど税金でできているようなもんですから。
明確に「融資をしたら返済が必ず出来る、という説得力ある説明」がなかったら借入れは難しいのです。

また「日本政策金融公庫」や「信用保証協会」のホームページには「事業計画書のサンプル」が載っているので、それをそのままなぞって書いて融資を断られている人が多いことにも気が付きました。
また、言う必要のない、余計なことを面接で言ってしまって断られる人も。

また一番多いのが、懇意にしている社長に聞いて、そのとおりしてしまって「そんなことではお断ります」と簡単に落ちてしまう例も枚挙にいとまがありませんでした。

こういう状況にかんがみ、ちょっとしたことを知らないために大きな損をしている人、あっさり断られてしまう人、断られる理由・原因の想像すらつかないで困っておられる人々を何とかしてあげないと、という思いでこのサイトを作った次第です。

まずは次のページをご覧ください

「3つの成功事例」のページはこちらをクリック

お問合せ
■ 西日本の方は
大阪府大阪市中央区谷町2-3-1 第2ターネンビルディング5階
(大阪メトロ谷町線・中央線 谷町四丁目駅 1-A出口より徒歩30秒/京阪本線中之島線 天満橋駅 徒歩6分)
06-6366-6021
(平日・土日祝 朝8時~深夜12時)
■ 東日本の方は
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル2階
(JR新橋駅より徒歩7分)
03-6830-1400
(平日・土日祝 朝8時~深夜12時)
■ 年末年始・盆休みは
090-1958-8813

keikoku
PAGE TOP