3つの成功事例② 自己資金なし(少ない)で新創業融資制度を

起業相談事例①

スペイン料理店開業で日本政策金融公庫の新創業融資制度で2200万円借りた事例

スペイン料理店を開業しようということでわたしのところに来社されました。
35歳の料理人の方。奥様も子どもさんもおられるとのこと。

田中さん「今度大阪市の○○にスペイン料理店を開業しようとしてるんですよ」

わたし 「ほっほっ~ どんな店ですか?」

「高校出てからずっと料理人をやっていたのですが、スペイン料理に魅せられましてね。特に半年前まで留学でスペインに行ってたんです」

よくよく聞いてみると32歳で結婚してすぐ子どもが生まれ、元々300万円あった自己資金が現在ゼロになってしまったらしい。

私「すると日本政策金融公庫から自己資金なしで融資を受けるのが目的ってことですか?」

「まさにそうなんです。わたしは自己資金なし、の状態なので、親から借りる約束になっているのが250万円、嫁が働いていた時代に貯めた自己資金が50万円 合わせて300万円は何とかなるんです。しかし・・・わたしがやろうとしている店は3000万円の資金が必要なんです。日本政策金融公庫のホームページ見てたら新創業融資制度ってあるじゃないですか!それで何とかなりませんか?創業計画書の書き方もわからないし。。。」

私「えっ?3000万円?」

結局、純粋な自己資金がない、という今の状態の中で、日本政策金融公庫の新創業融資制度および銀行の創業融資制度を合わせて残りの2700万円を借りる手だてを何とか考えてくれ、というのが具体的な相談のようだ。

う~ん、それにしても自分独自の自己資金がない状態で、ほとんど他人から借りて2700万円を調達しようなどとは大胆不敵 と心の中で思った。ここで普通は「何考えてまんねん!」と言いたいところだが、グッとこらえた。なぜならもしこれだけの資金を調達(といえば聞こえはいいが実際はただの”借金”)しても、店舗経営に200%の自信があるなら話は別だからだ。

わたし「どんな店を作るのですか?」

田中 「実は平面図もつくっているのですが・・・・」

待ってました! とばかりに図面を出してこられた。

「ここに厨房があって、テーブルは8つあって、カウンターが・・・・・」一生懸命説明する田中氏

さらに完成のイメージとしての雑誌写真まで切りぬいてもってこられている。

その思い入れは凄いものがあることはわかった。

「どの場所でやるのですか?」

「大阪市内の○○○美術館の近くで」

あそこで美術館で美しい絵画を見て、いい気分になられたお客さん方がそのまま来てもらいたいのです。意外にもあの美術館の近くには「良い気分を余韻を楽しむにふさわしい食事をする場所がないのです。

なるほど。(ひとまず納得)

たしかに、あの場所はわたしも行ったことがあるが人通りが多い割に周りに店らしいものがない。

「本当の意味でのスペイン料理を出そうとしたら最低これだけの高級感ただよう空間が必要なんです」

(う~ん、やっぱり職人のこだわりだなぁ~ でも・・・ホンモノのスペイン料理、って言ったって一般の人がどれほどそれをわかってるんだろうか?)

本人のこだわりを真っ向から否定するわけにはいかない。当たり前のことだが、なんせ「スペイン料理」という分野においては、わたしはまったくの素人なんだから。

それからしばらく「なぜ高級感がなかったらダメなのか」ということを私が自分で納得するためにいろんな質問をしてみたが、イマイチ(わたしにとって)説得力のあるものではなかった。

ここは、「職人のこだわり」と「商売として成り立つかどうか」しかみない私との差であろう。

2時間延々と田中さんのこだわりを聞かせてもらった上で、思い切ってわたしは思っていることをそのままぶつけた。

「田中さんの話を2時間くらい聞かせていただいてもやはり、これだけ高級感があるような建物にする必然性があるとは思えないのですが。半分の1300万円で何とかできるように考え直してみませんか?」

一応親族から借りて出世払いでいいお金が300万円あるのだから1300万円というのであれば、書類をかなり作りこめば何とか日本政策金融公庫の新創業融資制度と銀行の創業融資制度の合わせ技で借りることが出来るケースもあるのだ。

「えっ! そんな額では何もできませんよ~」

「う~ん」

わたしは素人ながらも、平面図を見て、この素材は本当にこれでないといけないのか、このテーブルはこんなに良いものを使わないといけないのか、など次々に質問していくと、やはり、ことばに詰まってしまうところが時折みられました。

(なんとか予算を減らしてもらうやりとりを何回も積み重ねたプロセスが
結構エネルギーが必要だったのですが割愛します)

結局、それでも日本政策金融公庫(こっきん)の新創業融資制度だけでは1300万円を調達することを前提にしているとリスクがあるので、大阪府の制度融資にもチャレンジしてもらうことにしました。

結局・・・・・

当社がほとんど書類を代行して書いた結果、日本政策金融公庫(こっきん)の新創業融資制度で1000万円、わたしの前々からの知り合いの銀行から1200万円、合わせて2200万円を借りることができました。

もちろん、事業計画書作成にあたって

・なぜこれだけの創業資金がなんとしても必要なのか

・店をオープンすれば利益が十分出て十分返済出来る

・(通常はダメですが)親や夫人の貯金分も実質は自己資金である

ということを説得力もってしっかり書き込んだことは言うまでもありません。

ポイント

●開業資金を今より低く抑えることが出来ないか熟考すべき。
「これだけの額がないと絶対開業できない」という思い込みも再検討すると修正できるケースは少なくない。

●親兄弟や夫人が貯金していた分でも融資申請書類の表現のしかたで自己資金となる可能性がある。

●創業資金を借りれる可能性があるのはこっきん(日本政策金融公庫)だけではない。

起業相談事例②

創業で、80万円の自己資金で470万円借りた事例

46歳で新規開業される柏原さんが来られました。

やはり、創業融資を、こっきん(日本政策金融公庫)でなんとしても受けたい、という希望でした(といってもうちに来られるほとんどの方はそうなんですが)。

2ヵ月前に一度こっきんの審査で落ちてしまったとのこと。

まずは通帳で自己資金を見せていただきました。

この第一段階で「自己資金はゼロ」と見られて落ちてしまう人が非常に多いのでわたしは最初にこれをみます。

う~ん、自己資金が80万円と言ったって、最近でそうなってるだけで

かなり増減が激しい。う~ん、これはなぜこうなったのか、ということをきっちり説明する書類が必要だ、というのがまず思ったことでした。

また、前回に出した創業計画書を見せていただいた。

う~ん、売上・利益ともに計画が甘すぎる、という印象をまず持ちました。

で、さらにまずいことに、その売上をどうやって上げていくのか、という根拠があまりにも希薄でした。

「根拠と言われても、これから開業するんだから、やってみないことにはわかりません」

うん、たしかに、それはそうでしょう。

でも、そんなこと正直に言ったら絶対に貸してくれません。

なんせ自信なさそうな人に貸さないのは当たり前ですから。

さらにいろいろお話を聞いてみると、サラリーマン時代に、販売促進策をいろいろ試しておられたことがわかりました。

いろいろトライ&エラーをされててノウハウとしてかなりためておられたことがわかりました。

「チラシはこんな感じでやってこれだけ集客出来ました。クーポンはこんな感じで売上が上がりました。」ということを語り出したら、もう止まりませんでした。

「すごいなぁ~」と思うやいなや「それですよ!そこをアピールしないと叫んでしまいました。

結局、サラリーマン時代に作った実績のあるパンフ、DMなども面接の際にアピールしてもらうことになりました。

販売促進=売上アップ をさせることに自信があるということほど、強力な武器はありません。

なんせ、こっきんも信用保証協会も「この人に貸したらきっちり返済してくれそうか」ということをまず第一に気にしているのですから。

結局・・・・

自己資金が明らかに80万円ある説明をきっちり書面で作った上で、創業計画書もきっちり作り込み、希望額よりは若干減ってしまいましたが、創業融資として、こっきんで150万円、大阪府信用保証協会で320万円をなんとか借りることが出来ました。

ポイント

●事業計画書をとことん説得力あるように書くのが肝要
特に「なぜこの売上・利益が上がるのか」を説得力あるように記すのは絶対条件

●自分でコツコツ貯めた自己資金がこれだけある、ということを説得力あるように説明する、あるいは書面で提出することが肝要

起業相談事例③

気合い勝ちしたラーメン屋さん

ある日、「ラーメン屋さんを始めたい」というAさんがご相談に来られました。
そしてなぜか同じ時期にもう一人、Aさんとはまったく関係のないBさんという方も、ラーメン屋開店のための融資相談に来られました。

お二人とも、ほぼ同じような条件。

【自己資金】 100万円
【必要資金】 600万円
【融資希望額】500万円

ところがAさんは見事、融資を受けて開店にこぎ着けた。
Bさんは残念ながら、融資を受けられませんでした。
お二人の違いは、「気合い」。

Aさんは、熱かった。
麺、スープ、メニュー構成、店舗イメージ、ターゲット層etc…。
事業計画書のためのインタビュー時、私はもう何度、あちこちへ無限に広がるAさんのお話を軌道修正したか、というくらいアイデア頻発。夢、語りまくり。

片やBさん、開店にかける気持ちが、Aさんと比べるとかなり消極的だったかな、という印象です。

でも、前述しましたように、条件はお二人ともほぼ同じ。
私の書いた事業計画書にも、あまり大きな差はありませんでした。
ということは、融資が受けられるかそうでないかの分かれ目が、今回は「気合い」だった、ということになりそうです。

ではその「気合い」が、どこで功を奏するか。
それは、融資担当者との面接時です。

Aさん・Bさんとも、こっきん(日本政策金融公庫)に融資申請しています。
その手順を簡単にお話ししますと、

1.必要書類を持って申請する
2.後日、面接を受ける

という2段階に分かれます。

申請する日は、まあ、申請だけです。
提出書類に不備がないか、といったチェックだけで10分、長くても20もあれば済んでしまいます。
ところがAさん、1時間半くらいかかった。
後で話をきけば、また熱く語ってしまったとのこと(笑)。

ところでAさんには、ラーメン屋さんをどうしても、「できるだけ早く」立ち上げなければならない理由がありました。
というのも、店舗物件について、ふつう申請時点では手付金を払っている程度で十分なのに、Aさんはもう賃貸契約書にサインしていた。
こうなると早く開店しなくては、無駄に賃料を払い続けることになってしまいます。

「でも契約なんかしちゃって、融資が受けられなかったら…」と心配したら、
「何が何でも開店します、遠い親戚に借りてでも」とのこと。
いやはや、ご立派です。
先に物件を契約してしまうと、自分で自分を追い詰めていることになるのですが、わたしは決してお勧めはしないのですが、でもそれだけAさんの意志が固い、ということの表れではあります。

という事情もあって、Aさんは申請時から語って語って語りまくり、融資担当者を口説いて、通常、申請から1ヶ月以上は待つ面接日を、2週間先に設定してもらうことに成功しました。

対するBさんは、「そろそろ独立でもしようかな、それなら以前働いたことのあるラーメン屋でも」といった程度の動機。
お店のアピールポイントやこだわりなどをお聞きしても、まったく具体的な話が出てこない。
そんな状況で事業計画書を書くのは、ちょっとキビシかったです(泣)。
とはいいながら、もちろん立派なものを仕上げたつもりです。
Aさんの場合と同じくらいに。

ただ、申請時のちょっとした質問、さらに面接時のシャープな質問に対して、嫌気がさしてきたのでしょう。最終的には「そんなんじゃもう開店しなくてもいい」と言い出して、この話はご破算になりました。

結  論

【気合いがあればどうにかなる、こともある】

融資のキモとなるのは、事業計画書と申請後にある面接。
この2つのうち私がお手伝いできるのは事業計画書だけで、面接は当然ながら、ご本人に受けていただかねばなりません。

そこでどれだけ、事業に対する熱意を担当者に伝えられるか。
簡単なロールプレイングを事前に行っています。
「こう訊かれたら、こう答えましょう」といったようなことです。

が、最終的にはご本人の熱意。
Aさんはよく口癖のように、「石にかじりついてでも」「何がなんでも」開店する、とおっしゃっていました。

物件を契約した上で申請に臨み、面接日を早めに設定してもらい、その面接日にも当然ながら、自分の熱意をとうとうと語る…。
それがAさんの「気合い開店」につながったのでした。

絶対、とはもちろん言えませんが、「気合い」はしばしば有効。
たとえ条件が多少厳しくても、なんとかなる場合もあるのです。

「よくある3つの失敗パターン」のページはこちらをクリック

お問合せ
■ 西日本の方は
大阪府大阪市中央区谷町2-3-1 第2ターネンビルディング5階
(大阪メトロ谷町線・中央線 谷町四丁目駅 1-A出口より徒歩30秒/京阪本線中之島線 天満橋駅 徒歩6分)
06-6366-6021
(平日・土日祝 朝8時~深夜12時)
■ 東日本の方は
東京都港区東新橋2-10-10東新橋ビル2階
(JR新橋駅より徒歩7分)
03-6830-1400
(平日・土日祝 朝8時~深夜12時)
■ 年末年始・盆休みは
090-1958-8813

keikoku
PAGE TOP